ギターライフに現れる初心者の壁Fコードとの出会い

へぇ~君がFコードっていうんだ!!

アコースティックギターやエレクトリックギター

ギターを弾いていれば必ずといっても過言ではないぐらい登場するFコード

あなたはどうやって克服しましたか??

ギターを始めてピックの持ち方やチューニングの合わせ方

それらをクリアし実際に音をならし

コードと言われる物があると知り

さらにはコードには色々な種類があると知り

実際に弾いてみる。

Cコード

Dコード

Eコード

最初は大変だったけど

弾いてる内に綺麗な音が鳴っていく。

時には自分は才能があるのではないかとさえ思ってしまう。

そこに現れる謎の生命体「Fコード」

ほぉーなんか新しい抑え方だなーよし、いっちょ弾いてみるかー

ジャポポポ!

!?

あれ、おかしいなー

ジャココポ!

!?

そう

音が出ないのである。

Fコードとはギターを始めせし者たちを恐怖のどん底へ突き落す

魔のコードだったのだ。

え?なに?誰だよこんなの考案したやつ!!

理不尽な怒りを覚えつつ

先の見えない恐怖と力任せに抑えた人差し指の疲労で

手がすごくだるくなる。

今日はもう寝よう。

否!!

ここで逃げるわけにはいかない。

何かいい方法やコツがあるのではないか。

そうだ!!僕にはインターネットという電子の図書館があるではないか。

Fコード コツ

検索をする。

そこにはFコードの壁を越えられし光の勇者達の知恵が広がっていた。

そして一つの希望を知ることとなる。

その内容はこうだ。

”コードというものは3つ以上の音で構成されているものである。”

つまるところ、3つの音があればコードになるということなのだ。

さらに、Fコードであればその構成音はF・A・Cということ。

僕はチューナーを使いその3つの音がそれぞれどこでなっているかを探した。

すると驚くことに4・3・2の弦が上手い事F・A・Cの音を奏でていたのだ!

僕は歓喜した。

そして普段Fコード以外のCコードなどをたしなみ始めていた僕

3つの弦だけを押さえる手法を会得するのにそう時間はかからなかった。

こうして僕はFコードが現れる度にこの簡易的な「F」をかき鳴らしていくのであった。

そう

結局逃げである。

だってむずかしかったんだもーん。笑

結局実質Fコードなんだからいいでしょ!!

だからFコードが弾けなくて夜な夜な涙を流すくらいなら

とりあえず楽して楽しめる方法を探しましょうよ!!笑

そのうち指の耐久力や分離感だったり、音が鳴りやすい位置なんかもわかって

絶対弾けるようになるから!!

しかももっと難しいコードもたくさんあるから!!笑

Fコードが弾けなくてギター辞めたんだーってよく聞きますけど

そこを乗り越えたらもっと楽しくなるから!!

なので無理をしないで楽しくゆっくりやっていくのがおすすめです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする