ドレミファソラシドの色々な呼び方。

小学校の時って音楽の授業あるじゃないですか??

ドレミファソラシドって習うじゃないですか!!

ドはドーナツのドみたいなとこあるじゃないですか!!

あれ、イタリア語なの知ってました??笑

やばくないですか??

ド~はドーナツのド~♪

じぁねぇし!!!

って感じですよね!!笑

って事でー

じゃあ逆に日本語ではなんて言うのー??とか

色々なドレミファソラシドのお話しです!!

スポンサーリンク


日本語のドレミファソラシドはマジ和風。

僕らなんか日本に在住してるのでね、やっぱり日本語も知っておきたいと思いますよね。

なんて言うのかと言いますと!!

ハニホヘトイロハ

ハニホヘトイロハwwwwww

イロハニホヘトじゃないんですよ!!

ハニホヘトイロハwwwwww

どこで区切っちゃってんだよ!!って話ですよね。笑

まぁイロハニホヘトでもいいんですけど、それだと

ラシドレミファソラになっちゃうんですよね。

ちなみに英語バージョンは

C D E F G A B C なんですよね。

これまたAから始めてくれたまえ!!!って感じですよね。

でもこれも理由があるみたいですよー!!

その昔、音の始まりはラからだった??

なんか昔はドからじゃなくてラから音を始めるのがトレンドだったとか。

そんな感じらしいんですよね。

ちなみにラシドレミファソ~っていうのは

今でも使われている音の並びなんですよねー。

いわゆるマイナースケールと言われるものになるんですけど。

逆にメジャースケールというのもあって、それが

ドレミファソラシ~っていう音の並びになるわけですよね。

だから昔はマイナーがメジャーでメジャーがマイナー

そんな立ち位置だったとかそうじゃないとか??笑

もうね、わけわかんないですね。笑

これはスケールの勉強が必要なのでもう忘れましょう。笑

ちなみにドイツ語になると

C D E F G A H C

になるんですけど、ちょっと英語バージョンと似てますよね。

BがHになってる感じですよね。

でも読み方がかっこいいんですよ!!

ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー ツェー

って読むんですよー!!

ツェーってもう日頃絶対に発音しないですよね。

感極まったリアクションする時になんかちょっと噛んじゃった時ぐらいしか出てこなさそうな音してますよね。

こうやって見ると色々な呼び方があって面白いですよねー。

ドレミファソラシドって日本語だと思ってた。もちろんドレミの歌も。

僕ずっとドレミファソラシドが日本語だと思ってたわけなんですけどね。

まさかのイタリア語ですからね。笑

なんでイタリア語なんだよって感じですよね。

ドレミの歌もあれ本家マジ洋楽みたいなとこあるの知ってました??笑

「ドレミのうた」(英: Do-Re-Mi)は、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』の歌の1つ。1959年の作品。オスカー・ハマースタイン2世作詞、リチャード・ロジャース作曲。同名の映画でも用いられた。日本では、歌手のペギー葉山が自ら訳詞・歌唱したバージョンが広く知られている(後述)。

出典: ja.wikipedia.org

まじかよって感じじゃないですか??笑

僕なんかずっとJ-POPだと思ってましたもんね。

だからよくドレミの歌を替え歌にして遊んでる方もいらっしゃるけど、

もう僕らの知ってる元祖の時点で替え歌じゃんか!!って話ですよ。笑

結論:慣れ親しんだドレミファソラシドが一番使いやすい。

ぶっちゃけー日本語がハニホヘトイロハだよとか言われても

今更余計わかんないですよね。

ハニホヘトイロハとか実際そんなに思い入れないですもんね。笑

それならドレミファソラシド派でありたいですもんね。

僕ギターやってるので割と英語のCDEFGABって言葉も聞くことありますけど

いや、ドレミファソラシドで言って??って思いますしね。

もうね、これに関しては英語が世界共通語なんて言わないでほしいですよね。笑

まぁそんな豆知識についてのご紹介でした!!

最後までご覧いただき、ありがとうございます♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする