ハモりたい時に役に立つ!!キーとスケールのお話し。

カラオケとか行って、ハモれたら結構かっこよくないですか??

僕ハモるのにすごい憧れてた時代がありましてー。

いや、なんか感覚で

あれ、今ハモってたよね!!ね!!

みたいな時ってあるじゃないですか??

でもなんでハモれてるのかはわかんないから。

基本まぐれでできるみたいな。

理屈がわかんないからハモれるまで頑張ることしかできないんですよね。笑

でも僕思いました!!

すごい時間の無駄なんじゃないかって!!

そして色々調べたんですよ!!

そしたらキーとスケールっていう理論が鍵なんじゃないかなって!!

キーだけに!!

ってことでー、そんなキーとスケールについて

てきとーな感じでお話ししたいなーって思う所存です。

さっそくいってみましょう♪

スポンサーリンク


その壱 キーってなんだろうーー??

キーーーーーについてお話しするわけなんですけども。

キーって日本語でなんて言うか知ってます??

調っていうんですって!!

よくハ長調とかって聞きません??

僕は小学生の時に聞いたような記憶がありました。笑

あれがまさしくキーの事らしいんですよ!!

ちなみにハ長調だと

ハ→ドレミファソラシドの日本語バージョン(ハニホヘトイロ)のハ

長→メジャーとマイナーの長と短の事。

調→キーーーーーーーーーーーーー

なんですよね。

ということはですよ!!

かっこよく英語にしちゃうとーーーーーー

Cメジャー・キーーーーーー

っていう話なんですよね。

これだと楽器とかやってたら聞き馴染みのある言葉ですよね!!

つまりそういうことですよ!!笑

んで、じゃあこれがつまりなんなんだよ!って話ですよね??

それはー

とりあえずC(ド)の音が主人公で物語考えるわ!!

みたいな感じですよ。(てきとー)

まぁ主人公だからそれはもう安心感だったり安定感があるわけじゃないですか??

でもね、まぁさすがに一人だとかわいそうなので、

仲間ほしくない??つって思っちゃうわけなんですよね物語作りたいとなると。

そしたらこれが次のスケールにつながっていくわけなんですよ♪

その弐 スケールってなんだろうー??

とりあえずキーは書いてある音が主人公だよ!!って感じなので

もうね、とりあえず物語には仲間がつきものですよね!!って話ですよ。

仲間になってくれる人達いないかなーーー??ってなるじゃないですか??

そしたらちゃんと現れてくれるんですよー♪

Cメジャーキーの場合だと

メジャーってついてるぐらいだから主人公のC君は性格が明るいんですよ!!

コードもメジャーコードは明るい音がなるじゃないですか!!

なので

C D E F G A B  C(ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド)

この面子で旅をしていくわけなんですよね!!

最後のCは一周回っただけなので最初のCと同一人物だと思ってくださいね♪

試しに順番に弾いてみましょう!!

なんか全体的に明るいですよね!!

この音階(音を順番に並べた物)のことを実はスケールって言うのですよ!!

んでんで、このC D E F G A Bの事を

Cメジャー・スケールというのですよ!!(C君を筆頭に明るい人達があつまったスケール)

で、これは気分で仲間を決めているのではなく、

運命によって惹き寄せられたデスティニーなのです。

なのでCメジャー・スケールはC D E F G A Bって決まっているのですよ♪

逆にCマイナー。スケールっていうのももちろんあるんですよ。

これは主人公のC君が悲しみの咎を背負いし者なのでもちろん仲間たちも

同じ悲しみを背負いし者達になるんですよね。

構成音はC D E♭ F G A♭ B♭ C(ド レ ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭ ド)

なんですよねー。

こちらも聞いてみましょう。

涙でるぐらい悲しいですよね。(てきとー)

とまぁこんなニュアンスの事をスケールというのですよっ!!

じゃあこの二つをどういう風にハモりにつなげていくのか??

いやーもうね、ほんとだからどうしたの??って思うじゃないですか??

なんとですねー実は!!

世の中にある曲ってこのキーとスケールに分類する事が出来るんですよ。

ということはどういう事かといいますと!!

キーとスケールがわかれば使える音がぐんと絞れてしまうわけなんですよ!!

そしてそしてですよ!!

よくハモる話になった時って3度上でハモるといいとか3度下でハモるのが熱いとか

そんな話し聞いたことありませんか??

あれはどういう事を言っているのかというと!!

ド  レ   ミ ファ ソ   ラ   シ   ド

1度 2度 3度 4度 5度 6度 7度 8度

音の間隔って度で表してるんですよ!!

これはインターバルっていうんですけども!!

これは基準の音を1として一つ上がる・または下がると2、そして3って数えるんですね。

ということは使える音がどの音なのかがわかっていれば、

そこを目的の度数まで上げたり下げたりすれば、

お望みのハモりが作れるっていう話なんです!

例えばキーがCメジャーで

Cメジャースケールを使ってる曲の場合に3度上のハモリをつけたい場合は

C=ドなので

ド  レ  ミ  ファ  ソ  ラ  シ  ド

↓  ↓  ↓  ↓   ↓  ↓  ↓  ↓

ミ   ファ  ソ    ラ   シ    ド    レ  ミ

って変換してあげれば、ハモリを作れちゃうのですよ!!!!!

これってトリビアになりませんか??

スポンサーリンク


まぁ時間はかかるけど確実にハモれるからおすすめなんですよ。

ただねー、一つ問題点があるんですよねー。

この方法だとメロディーの音一つ一つ拾ってかないとなんないじゃん!!

って感じなんですよねー。笑

楽譜があれば楽なのかもしれないですけど

そもそも僕なんか楽譜よめないのでー( ◉◞౪◟◉)

もうひたすら地道に作業するしかないんですよねー。笑

だから楽器があるとやりやすいんですよねー。

あとは作曲ソフトがあると音を打ち込みながら確認できるのでいいかもしれないですねー!!

パソコンだとdominoっていうソフトは無料なのでおすすめかもですねー。

dominoはこちらからダウンロードできますよ♪

iphoneだとGarageBandっていうアプリがはかどりそうですね!!

AndroidだとMidSequerっていうアプリが無料でよさげな感じがしました!!

MidSequerはこちらからダウンロードできそうです♪

ってな感じでここらのソフトなんかを使うとはかどりそうだなーって思いました。

でもハモリパートが作れるようになると歌を歌うのもぐーーーーーーんと楽しくなりますよ♪

僕はもともと歌を歌うのが好きなんですけど誰かと一緒に歌う時も

おんなじ音程じゃなくてハモって歌うと結構評判よかったりしますもんね♪

ちなみに僕が好きなのは女性ボーカルに男性が3度下でハモるやつです!!笑

具体例として僕の好きな曲もご紹介しておきますね!!

和楽器バンド – 雨のち感情論(YouTubeに移動します♪)

結論:ハモリis大変だけど作れるようになると楽しい

いかがでしたでしょうか??

ハモリができるようになるのとならないのだと全然楽しさも違ってくると思うんです。

一緒におんなじ音程を歌うユニゾンもかっこいいですけど、

どうせならハモりもできるようになりたいですよね♪

ということでーとスケールを覚えると

ハモる為に使ってはいけない音が除外できるようになる。

っていうお話しだったんですね!!

なかなかスケールなんかも暗記するのは難しかったりするので

時間はかかるかもしれませんが、楽しくハモりライフを送っていけたらいいですよね!!

ぜひぜひご参考にしてみてください!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする