3度とか5度とかなんなんだよ!!インターバルのお話し。

よく聞きませんか??

歌う時に、3度上でハモる!!

とか

マイナーコードはルート音に短3度に完全5度だよ

とか。

いや、何言ってるかわかんないけどね!!

って話じゃないですか。

度??なにそれって感じですよね。

それはインターバルという概念のお話しなんですよね。

なのでその”度”とかいうわけわかんない言葉について

知ってみよう!!っていう感じで

書き記していきたいと思いますよーー!!

スポンサーリンク


そもそも度ってなんだ??音の温度??

もうね、急に度とか言われてもひきますよね。

温度か角度ぐらいでしか聞いたことないじゃないですか。

音に角度あるとか温度あるとか普通にドン引きじゃないですかー。

でも、その度とはまた違った度なわけなんですよねー。

実は音楽用語で使われる度というのは、

音と音の距離の事を言うんですねー!!

まぁいわゆる音程の事なのですよねー。

そしてそれを音楽業界ではインターバルと呼ぶのですよね。

なので!!

ドからレまでのインターバルは~??

みたいな感じで聞かれたらこうやって言ってやるわけですよ!!

○○度です!

みたいな!!

そしてこの音から音までの距離であるインターバルを知っておくと

この何度上げるとか何度下げるとかわけわかんない言葉も

なんとなく理解できるようになるわけなんですよねー!!

実際のインターバルの導き出し方

さてさて、度というのがどんなものかわかったところで

じゃあ実際にはどんな感じでその度というのを導きだしていけばよいのでしょうか??

っていう話なのですよね。

ということでわかりやすく画像にしてみましたのでそれがこちら!!

はいわけわかんないですよねー!!

もうね、どこがわかりやすいんだよって話ですよね!!笑

でも詳しい事抜きにしてこんな距離感でやってまーす!!

って感じなのでもうこれで覚えちゃうのがいいと思います。

むしろ僕もそんな感じでしか認識してないですし。笑

ちなみにこれはドの音を基準とした時のインターバルになるんですよね。

逆に言えばこれをレの音を基準とすると、

こういう風になるわけですよ!!

なのでこの画像を見るとわかると思うのですけども、

音と音の距離の間隔って同じなんですよね。

ということはミを基準にすればさらに一つずつずれていく。

って感じなんですよねー。

インターバル覚えたらなんかいい事あるの??

はい、このインターバルについてなんとなーく概念をご紹介したのですが!!

まぁこれを知ったところでじゃあなんかなるのかって話ですよね。笑

これに関しては、

コードを理解するのには覚えておくとよい感じだと思うのですよね。

コードの仕組みがわかっていると、このインターバルに当てはめれば、

コード名を聞いただけでどの音を鳴らせばよいのかわかるんですよねー!!

なのでコードを極めたいならばこれを知っておくとよい事だと思うのです。

あとはそうですねー。

歌でハモりたい時なんかも知っておくと約立つかもしれません。

ハモる時って3度上とか5度上とかなか度って言葉使いがちじゃないですか?笑

なんでインターバルを知っているとイメージがわきやすいのかなって感じですね。

でもハモる場合はキー(調)についても知っておくとよりわかりやすいかもです!!

結論:とりあえず覚えておいて損はない♪

いかがでしたでしょうか??

色んな事に対して度という言葉はでてくるかと思います。

なのでこのインターバルっていうものを知っておくと

なんとなーくでも言ってることは理解できると思いますよー!!

個人的には覚えておいて損はないかなーって感じなんですけど。笑

いつか大事さに気付くかもしれませんが・・・笑

そんなこんなで今日はインターバルのご紹介でした!!

最後までご覧いただき、ありがとうございます♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする