ギタースペックの見方!!英語で書かれても困るよ!!前篇!!

自分の好きなギターとか調べたりするじゃないですか??

んでスペック(性能)的な感じが書いてあったりするじゃないですか??

まぁ日本語で書いてあったらなんとなくわからなくもないじゃないですか??

でもね、

やっぱり英語で書いてある事結構あるじゃないですか??

もうなんか読む気失くしますよね。笑

いや、なんでだよ!!って

他日本語で書いてあるのになんでそこだけ英語かましちゃってるんだよって。

僕もね、このままではいけないんじゃないかなって思いましてね。

これを機に勉強してみようと思ったので、その成果を発表しますね!!

スポンサーリンク

多分それがどの部分なのかを知ればなんとかなるくない??

とりあえずもう何から何まで英語だと読む気も失せるっていうか・・・

そのぐらい僕なんかは英語に対して拒絶しちゃってるわけなんですよね。

まぁそんなことも言ってられないかもしれないかもしれないので、

ちょっと最低限どれがどの部分なのかぐらいはわかるようにしたいなと思ったのです。

とりあえず僕の大好きなPRSのギターを例に見てみましょうか!!

 

出典:https://www.prsguitars.jp/custom24

いつみてもかっこいいですよねー。

さてさて、さっそくひとつずつ見ていきましょう♪

BODY(ボディ)

まぁこれは本体部分の事を言っているのでしょうね。

Top Wood(トップウッド)

これは本体部分の表面に使われている木の事を指しているみたいですね。

画像だとCarved Figured Mapleと書かれていますね。

模様の刻まれたメープル的な意味だと思います。

ということは、アレですよ。

メープルでも、模様のある杢がでてるメープルを使っているよ!!

っていうことでしょう。

Back Wood(バックウッド)

バックウッドっていうぐらいだからアレですよ。

表面じゃない裏側に使っている木でしょうね!!

画像だとマホガニーって書いてあるのでマホガニーを使っているのでしょう。

NECK(ネック)

これはもうアレですよね。左手で握るネックの部分でしょうね。

Number of Frets(ナンバーオブフレッツ)

ちょっと中二病かなって感じありますけども。

これはもうアレでしょうね。

ギターが何フレットのギターなのか??って話でしょうね。

画像だと24なので24フレットのギターということでしょう。

Scale Length(スケールレングス)

レングスって何ぞ??って話ですよ(僕だけ?)

まぁ長さとかそんな感じの意味らしいですね。

ということは、ギターのブリッジ(裏から弦でてるとこのやつ)からナット(ヘッド手前のなんか黒い奴)までの長さをスケールっていうらしいのできっとその長さなのでしょう。

画像だと25らしいですね。

いや、25って要するになんだよって話なので以下をどうぞ!!

レギュラースケール:25 1/2インチ 647.7mm

FENDER GIBSONと比較してFENDERスケールとも呼ばれる。ストラトキャスターやテレキャスターなど。

ミディアムスケール:24 3/4インチ 628.65mm

FENDERと比較してGIBSONスケールとも呼ばれる。レスポール、フライングV、SGなど。

ショートスケール:24インチ 609.6mm

ムスタング、ジャガーなど。
※ジャズマスターはレギュラースケールですので注意!

出典:https://www.soundhouse.co.jp/howto/guitar/scale/

ということらしいです。ほぉー色んな長さがあるんですねー!!

Neck Wood(ネックウッド)

これはもうなんていうかアレですよね多分。

ネックのウッドでしょうね。笑

多分あくまでもネックの部分で実際に指で押さえる指板じゃないっぽいですね。

Neck Shape(ネックシェイプ)

これはあれらしいですよ。

ネックの厚みとかカーブ具合とかそういう握り心地に関わってくる部分らしいです。

結構重要っぽいですよねー。

ちなみになんか画像のギターだとRegularThinが選べるらしいんですけどもー。

なんかネックが普通か薄いかっていうのが選べるみたいですねー。

握りやすさなんて握ってみないとわかんないから難しいですよねー(´・ω・`)

Fretboard Wood(フレットボードウッド)

これがさっきのネックウッドの反対側の指版の部分ですねー!!

ちなみに画像だとRosewood(ローズウッド)が使われてるらしいですね。

こげ茶っぽくてかっこいいんですよねー!!

よくメープルなんかもあったりしますが個人的にはローズウッド派です!!

音の違いはわかりませんが、そっちのほうがかっこいいからです!!笑

Fretboard Inlay(フレットボードインレイ)

これはPRSのギターなんかはもう目印になっちゃうやつですよね。

フレットに付いてる印みたいなやつですよねー!!

画像だとBirdsって書いてあるとおり

この鳥のインレイがかっちょいいんですよね!!

しかもこの鳥全部違う鳥らしいですよ!!

凝ってますよねー!!

本体の素材はこんな感じ!!次回はピックアップなどの電気関係!!

いかがでしたでしょうかー!!

以外に事細かに書いてくれてるんですねー!!笑

実際使ってる木材を変えたら音って同じ形でも全然違うんですかねー??

まぁ同じ木でも重さも違ったりするから当然鳴り方も違ってくるんですかね。

僕は実際に同じギターで違う材のギターを聞き比べた事がないので・・・

何とも言えないんですけどもー!!

まぁ単純に色とかは全然違ったりしますからね!!

それだけの理由で選んでもいいような気もしますが!!笑

特に僕なんかは見た目10割と言っても過言じゃないぐらい見た目で選んじゃうので、

PRSのギターがとっても大好きなんですよね。

形がかっこいいから!!笑

なのでPRSのギターを例にご紹介したわけなんですけどもー!!

さてさて、次回は電気を使う部品関係のスペックを見ていきましょうね!!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました♪

ギタースペックの見方!!後篇♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする