LINE6 PODHD500をリターン端子に繋いだ方がよい理由。

楽器の機材ってもうなんか色々いじるところあってわけわかんないですよね。

LINE6のPODHD500とかも色々できることが多すぎて消化しきれてないんですけど。笑

僕は家で音作りをして、それに近い状態でバンド練習でも使ってるんですよね。

んで、アンプによって音って全然違うじゃないですか??

じゃあどうやったら家で作った音にできるだけ近づけて弾けるようになるのか??

それはアンプについているインプット端子ではなく、リターン端子につなぐといいんです。

今日はその仕組みなんかをささっと書き記してみるんですよー。

スポンサーリンク

インプット端子とリターン端子の違いとは??

まぁそもそも端子が違うんだからなんかは違うんだろうけどもー

一体なにが違うんだよーって感じですよね??

これはアンプの構造的な物をちょっと知るところからになるんですよねー♪

まず、アンプってなんか箱型のやつとか、

ツマミいっぱいついてるやつの下にでっかいスピーカーついてるやつとか、

なんかそんな形してるじゃないですか。(てきとー)

あれ、細かく分けていくと

プリアンプ君(ツマミの部分)

パワーアンプ君(プリアンプで決めた音を増幅させる係で内部にあるので見えない)

スピーカー君

って感じになってるんですよ。

箱型の一体化したやつなら全部が一つにまとまってますし、

二分割みたいになってるアンプなら

ツマミがいっぱいついてる部分にプリアンプ君とパワーアンプ君

そしてスピーカー君だけの部分が下に置いてあるみたいな。(てきとー)

なのでギターをPODにつないでアンプのインプットに挿しちゃうと・・・

ギター → プリアンプ(POD) → プリアンプ(アンプ) → パワーアンプ → スピーカー

めっちゃプリアンプ通うじゃん!!ってなっちゃうんですよね。

しかもプリアンプってツマミすごいあるからなんとなく予想つくかもしんないんですけど

音を決めるといっても過言ではないレベルの影響力もってるやつなんですよねー。

インプットの端子にいれると上記のようにギターの信号が流れていっちゃうので、

音すげー変わるわー。ひくわー。

みたいな話になってくるんですよね。

でもでも、逆にリターン端子に入れると、

ギター →プリアンプ(POD)→ パワーアンプ → スピーカー

にすることができるんですよ!!

ちなみにリターンにつなぐときはPOD側のキャビネットはオフにしてくださいね♪

じゃないと今度はスピーカー → スピーカー みたいな感じになっちゃいますからね。笑

とまぁこれをすることによって、できる限り家での音作りが再現できる!!

というわけなのですよね。

まぁパワーアンプやキャビネット部分はもちろん違うものをつかっているので

全く同じ音はさすがにでないんですけどね・・・笑

全く違う音よりは近い音のほうがいいですよね??

逆にインプットに挿してプリアンプの二重攻めが良い音なら

それはそれでよいと思いますけどね♪

リターン端子が存在してない時の解決策。

これね、あるんですよねー。

リターンどこーーーーーーーーーーー??って時。

もうね、この世の終わりかと思いますよね。

でも大丈夫なんですよー。

実はPODちゃんはとっても優しいので!!

どんなアンプを使っても近い音が出せるようにちゃんと僕らの事を考えてくれてるんですよ。

その方法が

1のVIEWを長押ししたら変な設定画面でてくるので

2の十時キーもどきみたいなとこのひたすら右を押していくと

こんな画面になるので、

1のツマミを回して自分の使ってるアンプに合わせてあげるのです。

ちなみにそれぞれの意味は

STUDIO/DIRECT:PAさんに直接おくる時とか、家で使う時用のやつ。

COMBO FRONT:一体型になってるやつのインプット端子に挿す時のやつ。

COMBO PWR AMP:一体型になってるやつのリターンに挿す時のやつ。

STACK FRONT:分割型のアンプのインプット端子に挿す時のやつ。

STACK PWR AMP:分割型のアンプのリターン端子に挿す時のやつ。

こんな感じになってるんですねー。

これで自分の環境に合った設定にするとー

なんか勝手にうまい事POD側でEQ処理をしてくれるので

大丈夫だよーーーーーって感じにしてくれるんですよねー!!

スポンサーリンク

もうなんか便利すぎてやばくないですか??

ほんとに、僕思うんですよね。

便利すぎない??って。

僕なんかすごいめんどくさがり屋なんで一台で完結したいんですよね。

宅録もライブもこれだけあればいいや的な!!

もうこんな機能付いてたら普通に1台持ってたらなんでもできちゃいますよね。

なんでも出来過ぎちゃって逆に操作いっこうに慣れなくてひいてるぐらいですよね。笑

僕家で一人でギター弾いたりすること多くて、人見知りなんで

結構色んな便利情報がはいってこないのもあって、ギター歴10年ぐらいで

始めてリターン接続っていう手法しりましたもんね。笑

当時すごいびっくりしましたけどね。

まぁでもちゃんとそんな便利なリターン接続を知れたっていう事は

人見知りで引きこもっててもいつかは知れるということで!!笑

僕は自分の性格を変えるつもりはないんですけどね♪

結論 リターンis最高♪

いかがでしたでしょうか??

リターン接続、まだやった事がない場合は一度お試ししてみるといいと思いますよ。

でも音に正解はないので、必ずしもそれがベストかとなると話は変わってきますけどね。

そうやって試行錯誤するのもまた醍醐味ですしねー♪

とまぁこんな接続もあるし、よりナチュラルに電気信号が送れるので

おすすめですよーってな内容でした。

最後までごらんいただき、ありがとうございます♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする