LINE6のPODHD500でパッチ切り替えで困った時の解決方法。

LINE6から発売されておるPOD HD500

これ、僕も録音からなにやらまですごい使ってるんですけどもー。

パッチ切り替えってあるじゃないですか??

歪んだ音からクリーンにする時に足元のボタンおしたら瞬時に切り替わるやつ!!

あれ、まじ最初使い方わかんなかったんですけど!!

なんかパッチ切り替えるの2回ぐらいボタンおさなきゃいけないの??って。笑

こちとら瞬時に切り替えたいのになんで2回もボタン押さなきゃなんないのって。

マジしらけるわーって思ってたんですけど。

そしたらなんのそのって。

モードみたいなやつあるじゃんなんて事に気付いちゃって。

これ、結構悩む人いるくない??っつって。

パッチ切り替え1回でいけちゃった感じなので

今日はその方法を記していくんですよねー。

スポンサーリンク


ちょっと一回状況の確認をしておきましょうか。

いや、ほんとあれじゃないですか??

ここ見ていただいてる方って、パッチ切り替えの時

一回①押して②押してやっとパッチ切り替わるみたいな??笑

いや、ふざけんなよ!!みたいな?笑

もうこれだと、ライブ中に急いで切り替えたい時があろうもんなら、

もう両足本体の上に乗っかっちゃってない??って状況になる感じじゃないですか??笑

いや、違ってたらもうほんとこの記事ただのゴミなんで困っちゃうんですけども!!

もう無理だなーって思って一年間ぐらいアレしてたんですよね僕。

デュアルアンプにして片方歪みで片方クリーンにするみたいな??

そしたらCPU的なやついっぱいいっぱいで使いたいエフェクター入れられないみたいな。笑

一人でずっと不便だなーって思ってたんですよ・・・

でもびっくりしました。なんか説明書見てたら普通に書いてあったんですね。笑

説明書に普通に書いてあったからひいた。笑

なんていうか、普通に説明書にかいてあったんですよね。笑

自分を恥じましたよね。

こちらで説明書は確認できます。

2-2(12ページにがっつり載ってました。笑)

まじかー!!ってなっちゃって。

せっかくなんで文字でもやり方載せておきますけども♪

まず

VIEWって書いてるところ長押しするじゃないですかー。

そしたらですねこんな画面でてくるんですよ!!

なんか1にFS MODEって書いてあるじゃないですか。

下の1のつまみ回したら

ABCDって変わるんですよね。

もうね、これだけなんですよね。

その時間およそ5秒ですよ!!

これで②の部分だけ押したらパッチ切り替えられるようになるんですね♪

僕これで1年間悩んでたんですよ!!笑

スポンサーリンク


なんで説明書みなかったのか。

いやー説明書に普通に載ってるとは思わなかったんですよねー。

なんで説明書ちゃんと読まないんだよって思うじゃないですかー

僕ね、説明書とか専門用語ばっかりで書いてある事わけわかんないんですよね。笑

ていうかめんどくさいんですよね。笑

厚みすごいし・・・

もう本じゃんって!!小説と同じぐらい文字数あるじゃんって!!

てな感じで普段からあんまり説明書って読まないんですよ・・・

でもこればっかりは絶対解決方法があると思って

最初のプロローグ的なところからじっくりよんでたんですよねー。

そしたら12ページ目で普通に書いてあったっていう。笑

驚きですよね。

なんならもうめんどくさすぎて違う機材買おうかなぐらい思ってたんですよね。笑

でも、お金もないしーって思ってしぶしぶ読んだらこれですよ!!

いやー説明書って大事ですね♪笑

一回違う事で代理店に電話で問い合わせたことがあったんですけど。

その時も全然解決してもらえなかったので電話もしなかったんですよねー。

まぁなにはともあれこれで無事に僕はHD500ちゃんと生きていく方法を見つけたのです。

性能はほんとに最高だと思いますからね。重宝してます♪

今日の教訓。説明書is大事♪

いかがでしたでしょうか??

パッチ切り替え方法でお悩みのあなた!!

無事解決できたでしょうか??

こういう大きな機材はできることも多い反面、色々なパラメーターがあったりして、

結構操作方法覚えるまでが大変だったりするんですよねー><

むしろ欲しい機能が果たしてあるのか??っていうのすらわかんない時もあったり・・・笑

ただ、そんな時は説明書をきちんと見る!!っていうのが大事なんでしょうね。

専門用語だらけでよくわかんないけど!!

ただ、解決できることもたくさんあると思うので。

めんどくさがり屋の僕みたいな奴にでもすらすら読める説明書がいいなーって

そんなことを思ったりしたのでした。笑

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする