ピアスを入れるコツ!!入らない時はコレを使え!!宝具ワセリン!!

そろそろセカンドピアスに付けかえようかなー。

はたまたファーストピアスをやむを得ずとってしまった・・・

久しぶりにピアスでもつけようかなー。

などなど・・・

そんな時に遭遇する問題・・・それは

いやwwwピアスがはいらないのだがっ!?

ちょっ、これ早くいれないとなんかふさがっちゃうんじゃないの??

大丈夫??っていうかマジではいんないんだけど!!

わかります。

僕も幾度となく経験しました。笑

そんな時はですね、もしかするとワセリンを使えば解決するかもしれませんよ!!

今日はそんなピアスがはいらないんだけど問題について書き散らし申してみますね!!

スポンサーリンク

そもそも何ではいんないんだよ!!

まず、思いませんか??

なんでいままで入ってたのに急にはいらなくなるんだよ!!!

ちょっとムカついちゃいますよね!!笑

これはきっとこれらの理由があるのではないかと考えるのです。

1.穴が塞がってしまった。

単純に穴が塞がってしまったパターン。

特に開けて間もない頃にピアスを外してしまうと一瞬で塞がってしまうのです。

こればかりはもうどうしようもありません・・・

無理に入れようとすると悪化する恐れもあるのでもう一度開けなおすのも吉だと思うのです。

2.穴が狭くなってしまった。

これは久々につける時や、ファーストピアスからセカンドピアスに付け替える時なんかも

結構すぐ穴が収縮してしまうのですよね。なのできつくて入らないっていう感じですね。

3.穴が曲がっている為に、出口とは違う方向に力をいれてしまっている。

これ、結構あるんですよね。特に自分で開けると割と曲がったりもするので

自分が思ってる出口と実際の出口の場所が違ってたりするんですよね。

特に耳の裏なんかなかなか自分じゃ確認できないですからね・・・こまったものですよ。

こんな所が主な理由になると思うのですよね。

そして1のパターンの場合は無理やり入れようとすると腫れてしまったり。

トラブルの元になるのでここは悲しいですが、また開けなおすことをおすすめします。

それでも諦めきれない!!っていう方はこれからの方法は自己責任の上でご確認ください><

おすすめ宝具!!その名もワセリン!!

そこで今回登場するのは、ご家庭にある可能性もなきにしもあらず!!

そうです。

ワセリンです!!

ででん♪

これがおすすめなのですよねー!!

薬局に行けば高確率でおいてあると思います!!

ワセリンってなんぞ??っていうと!!

簡単に言うと保湿剤なのですよね。

よくリップクリーム的な使い方をされている方もいますよねー。

※まれに使うとかぶれや肌荒れを起こす方もいらっしゃるそうなので、ご心配であれば一度パッチテストをしてみるとよいかもしれませんね。

そしてこれ、油分があるので、潤滑油的な目的で使うのですよ!!

ピアスを開ける時もワセリンは活躍するのです♪

スポンサーリンク


使い方はとっても簡単!!ピアスにつけて穴に入れるだけ!!

単純明快!!ほんとにピアスにつけて入れるだけなのですよ!!

でもワセリンを付けたからといって勢いよくいれたら駄目ですよ!!笑

あくまでも補助的に使うのでゆっくり回しながら入れていくとよいかもしれませんね。

ちょっとづつちょっとづつですよー!!

ちなみにおすすめはちょっと皮をひっぱってなるべく穴を広げるイメージでやる感じ!!

そうすると穴が曲がっていても穴に沿って滑っていくので入りやすくなるのです!!

これで結構はいらないものもはいったりするんですよねー僕の経験上ですが・・・笑

それでも全然はいらない場合はもしかしたら穴が塞がってる可能性もあるかも・・・

あんまりたくさんつけすぎると手もベトベトになりますからね。

ピアスを持つのも一苦労なんてことには注意しましょうね!!笑

せっかく開けたピアス!!なんとかして塞がるのをふせぎましょう!笑

いかがでしたでしょうか??

せっかく痛い思いをして開けた穴ですからね!!

塞がっちゃった・・・なんて悲しいことにはなるべくしたくないですよね。

ワセリンは薬局に行けば簡単に購入できると思います♪

ピアスが入らなくて痛い・・・もう諦めようかな・・・

なーんてお困りのあなた!!

ぜひぜひ一度試してみてはいかがでしょうか??

もしかするとスルスルはいっちゃうかもしれませんよー!!

ワセリンで解決!!一緒に楽しいピアスライフを送りましょうね♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】白色ワセリン 50g
価格:326円(税込、送料別) (2018/3/5時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする