ピアスを安全ピンで!?危険だからニードルがおすすめですよ!なんでもセルフでやりたがるあなたへ。

家でピアス開けたいんだけど安全ピンでいけるっしょ??

なんて思ってるあなた!!

ちょっとまってください!!

それって本当に大丈夫ですか??

周りの人に

俺・私は安全ピンで開けたよ!!

なんて言われたりしたんですか??

ピアスは場合によっては永遠に付き合っていかなければいけない

金属アレルギーその他感染症など

とーっても危険なリスクがあるんですよ!!

わざわざ医療機関やスタジオに行くのもめんどくさい・・・

でも自分でやりたい!!

そしたら専門の道具を使ってやっていくときっと後悔しないと思うんです!!

そんなピアス器具について書き散らしてみますねっ。

そもそも安全ピンが駄目なシンプルな理由

すっごく簡単なことなんですよ!!

何故なら

ピアスを開ける為の物じゃないから!!笑

っていうことなんですよ!!

でも尖ってるし開けられそうな雰囲気あるよ??

って思いました??

そこだって実は危険ポイントなんですよ。

◎切れ味的な問題がある

安全ピンってよーく見てみたら

先端ちょっと丸まってないですか??

切れ味がね、悪いんですよ。

っていうかなんか持ちづらいんですよ!!

それでもって細いんですよね。

だから変な力の入れ方すると開けてる途中に曲がっちゃうことだってあるんです!!

想像しただけで怖いです・・・

◎逆に安全ピンであけた後どうするの??

仮に安全ピンで開けたとしましょう。

でもその後どうしましょうね。

安全ピンを付けたまま過ごします??

過ごさないですよね。

となると一回安全ピンを抜いて

ピアスに付け替えなければいけないんですよね。

これって開ける場所にかかる負担が相当だと思いませんか??

傷口をこねくりまわすようなもんですよ!!

◎素材がね、ヤバイ!!

これが一番懸念すべきところだと思うんですけど、

ニッケルっていう金属の素材を使ってる物が多いと思うんですよね。

これ、金属アレルギーになる可能性が高い金属で第一位を獲得するレベルの猛者。

そんなものでピアス開けて傷口に直に触れさせるなんて考えたら・・・

考えるだけで金属アレルギーになっちゃいそうじゃないですか??笑

ということで、

安全ピンはピアス界では安全じゃないんですよ!!

ピアスを開けるのに作られた専用アイテムがある

とまぁ安全ピンはピアスを開けるのにはあまり向いてないんですよね。

ピアスを開けて場合によっては一生嫌な思いをしない為にもできる限りの最善は尽くしたいですよね。

ということでこんなアイテムがあるのです!!

◎ニードル

これが僕は個人的にはおすすめです。

なにがおすすめかっていうと実際に見てみるとわかるんですけど

鋭利すぎない!?

っていうぐらい尖ってるんですよ。

なんかもうサクっといけちゃいそうなレベルで!!

これ、中が空洞になっているので、おしりの部分にピアスを付けてそのまま貫通させると、

あら不思議

ピアスが装着されているんですー♪

一回通せばピアス装着まで済んでしまう優れものなんですよー!!

しかもですよ!!

色々なサイズがあって自分が付けたいピアスの大きさに合わせて選べるのです!!

おすすめは自分の付けたいピアスより一つ大きいサイズをチョイスです!!

(ピアスと同じサイズのニードルを買うとおしりの部分にピアスが上手くはいらない・・・)

そして最初から自分の好きなピアスを付けられるのもグッドですね♪

※でも最初はシンプルな形のピアスを付けた方がピアスホールが完成しやすいのであんまりじゃらじゃらしたものは付けないほうがいいですよっ。

そして一つだけデメリットが・・・

手作業になるので場所によってはまっすぐ刺すのが難しい・・・

そのぐらいなもんですけどね!!

でも金額的にもお手軽なのでおすすめです!!

金額も500円ぐらいで購入できますよ♪

⇒ニードルで開ける場合の痛み度も参考にしてみてくださいね。

◎ピアッサー

これは単純にピアスを使ってピアスの穴を開けるっていうやつです。

いわばパワープレイ型!!

専門の機械なのでそれはもう一瞬の出来事で事が済んでしまうのです。

もちろんピアスも自動的に装着されますよ!!

恐怖心に中々打ち勝てない人や痛いのが一瞬で済んだほうがいいしっていう方にはおすすめかもです!!

(これって結構重要だと思います。笑)

実際僕も一回しか使ったことがないのであんまり詳しいことはわからないのです。泣

デメリットとしては

付属のピアスが最初からセットされているので

好きなデザインじゃないときはピアスホールができるまで我慢しなければならない。

場所別にピアッサーの種類があるけど場所によっては普通に高い。

こんなところでしょうかね。

あとこれは噂ですが、

ニードルに比べピアスホールの完成が遅い(切れ味的な問題)

なんて言われてたりもします。

僕はピアッサーを使った場所は舌にピアスを開けるときで、一か所しか開けてなくて早い遅いは判断のしようがないのでなんとなーく頭の片隅にでも置いておくといいかもですね。

ピアスは体に穴を開ける行為。しっかり考えて開けましょうね!!

というピアッシングアイテムについてでした。

最終的に何を使うかはあなた次第にはなると思います。

でもでも実は僕も最初はわけもわからず安全ピンで開けたこともあったんです。

それが直接的な原因かはわかりませんが、

最終的には金属アレルギーになってしまったんですよね。

付けると肌が真っ赤になる素材とならない素材があるので

ピアスは大丈夫な材質のものをつけているんですが・・・

⇒僕の金属アレルギー事情はこちら

僕はアクセサリーが好きなので

これかわいいなーって思ったものが駄目な素材だったり・・・

結構不自由だったりするんですよね。

だからこれからピアスを開けようと思ってるあなたには

そんな風になってほしくないなーって思います。

好きな物を好きなだけ楽しめないって悲しいですからねっ!!

・安全ピンは安全じゃない。(お気に入りフレーズ)

・ピアスを開ける専門アイテム:ニードル・ピアッサーがある。この二つにはそれぞれのメリット・デメリットがある。

これらを踏まえてぜひぜひ自分に合いそうな物でピアスを開けてみてはいかがでしょうか??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする