ピアスを開けるのはどのぐらい痛い?体験談の場所別痛みレビュー!!

今やおしゃれに欠かせないアクセサリーの一つであるピアス。

開けたいなーとお悩みのあなた!!

最初に考えることはもはや一つなのではないでしょうか。

そうです。

開ける時ってどのぐらい痛いんだろう・・・??

これですよね??笑

そんなあなたへ僕が自分の経験を元に場所別の痛さ度を

5段階評価にてお伝えします!!

※個人的な感想になりますのでそちらを踏まえたうえでご覧ください!!

使用器具は全てニードルです。

◎ニードルとは??こちらをご参考に!!

スポンサーリンク


耳シリーズ

●耳たぶ

痛みレベル:★★★☆☆

はい、でました!!まずはここからって感じではないでしょうか??

通称「イヤーロブ」と言われる場所です!!なんか言葉がかわいいですね♪

こちらはですね、例えるならば手の甲を軽くつねられた程度ではないでしょうか??

ん~~~~~痛いけど大丈夫!!!的な!!笑

結構ここが痛みの基準とされる場合が多いので要チェキですね!!

ちなみに余談ではありますが

耳たぶの上に行けば行くほど痛くなる傾向があるなと感じました。

上のほうは★★★★ぐらいでも過言ではないような気が・・・

耳たぶをあけるのに用意したほうがいいものとか♪

●耳の軟骨部分(耳のふちの部分)

痛みレベル:★★★★★

はい、こちらは「ヘリックス」と言われる部分ですね。

こちらはどうでしょうね。軟骨と言うぐらいなので

とくにビクビクしてしまうのではないでしょうか??笑

その痛さレベルは★の数を見ていただくとわかるのですが・・・

単刀直入に言うと痛いです。笑

いや、ていうか普通にほんとに痛かったです・・・

おもいっきり手の甲をつねられたぐらいの感じですかねー。

あと、堅いです。笑

なんか人によっては全然痛くなかったよー♪なんて言う人もいるみたいです・・・

そんな方法があるならほんと教えてくださいお願いします><

っていうレベルでした・・・笑

ぜひとも気合を入れてあけましょう!!

●耳の穴を覆っている軟骨の部分

痛みレベル:★★☆☆☆

はい、こちらは「トラガス」と言われる部分ですね。

最近は結構ここにピアスをしている方も多いですよね!!

ここもですね、軟骨なんですよねー

でもですねー・・・

これが結構痛くないんです!!

僕は耳たぶより痛くなかったんですが、鈍い痛さがあった感じですねー。

なんか痛くないけど痛いというよくわかんない場所でした・・・

ただ一つだけ難点があるんです・・・

それは

自分であけるのはすっごく大変です!!笑

なんかみるからに難しそうじゃないですか??

ここは正直ピアススタジオなどで開けてもらうのをおすすめします。

ちなみに僕は1時間以上かけてあけました!!笑

あんまり時間はかけないであけるに越したことはありませんしね><

番外編!!耳以外シリーズ

●唇の下

痛みレベル:★★★☆☆

はい、ここは場所によって名称も違いますね。

唇の下の真ん中ならば「ラブレット」

唇の下の端ならば「リップ」

とよばれたりします。

僕はラブレットとリップに空いているのですがー、

だいたい耳たぶと同じぐらいの痛さだと思います。

意外に痛くないんですよー♪

一つ難点があり、人に会うとすごーくイジられます・・・笑

よくある例

・口にごはんつぶついてるよ!!

・口にいくらついてるよ!!

など・・・

反応に困ります・・・笑

●眉毛

痛みレベル:★★☆☆☆

はい、「アイブロー」と言われている場所ですね。

よく眉ピなんて言われたりもしますよねー♪

ここもですねー実はそんなに痛くないかったですねー♪

耳たぶより僕は痛くありませんでした。

自分でも「え?」っていうぐらいそんなに痛くはなかったですね!!

ただ、ここに開けるデメリットは!!

服を脱ぐときひっかけがちなので注意してください!!笑

意外に耳たぶって結構痛い??笑

いかがでしたでしょうか??

あくまで個人的な感想になりますので必ずしも同じ結果になるかはわかりません。

ただ少しでも参考になればと思います!!

ちなみに僕も最初は耳たぶを最初にあけました。

そのあと色々なところにあけたんですが

耳たぶって意外に結構上位じゃんって思いましたね。笑

まぁ体に穴をあけるので痛くないわけがないんですけど、

おしゃれでかわいいものやかっこいいものを付けたい思いで

打ち勝ってもらえたらいいなーって思います!!笑

ぜひぜひ一緒にピアスライフを楽しんでいきましょうね!!

それでは♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする